頭皮マッサージで抜け毛が少なくなり、髪のコシもアップ!

頭皮マッサージで抜け毛が少なくなり、髪のコシもアップ!

35歳を過ぎて、髪のボリュームが少なくなってきたことに気づいた時から、頭皮ケアを欠かさず行うようにしています。

 

 

私が行っているのは頭皮マッサージで、頭皮クレンジングも併せて取り入れています。頭皮が硬くなり、コリが溜まると抜け毛や薄毛の原因になるとの情報に行きついてから、「顔の肌と同じ柔軟性を持った頭皮づくり」をモットーに日々努力しています。マッサージを始める前に行った頭皮チェックでは、例えば「頭皮をつまむ」ことがまるでできず、頭皮を動かすことすらままならない状態でした。

 

 

頭皮は外部から刺激を意識的に与えないと、血行が悪くなり硬くなる一方で、コリが溜まって行くそうです。硬くなった頭皮には皮脂汚れも詰まりやすくなり、髪への栄養が行き届かずコシのない状態になってしまうのだとか。書いているだけでも背筋が寒くなりそうですが、とにかくガチガチにこり固まっていた自分の頭皮を探りながら、「すでに柔らかくなった頭皮」をイメージしつつ、マッサージに勤しみました。

 

 

普段のシャンプーの時にも、ただ髪を洗うだけでなく頭皮を意識して、指の腹をつかってほぐすように洗う習慣をまず着けました。そして、頭皮クレンジングも少なくとも週1回のペースで行っています。やり方は、乾いた状態の髪をできるだけ目の粗いクシやブラシで丁寧にブラッシングし、頭皮の汚れを浮き上がらせるよう下準備をします。それから自分の好みのオイルを頭皮になじませ、生え際から頭頂部に向かって頭皮を持ち上げるようにマッサージをします。

 

 

そしてタオルを巻いてから10分ほどシャンプーハットをかぶって「寝かせ」ます。時間が経ったらお湯で洗い流して完了ですが、初めて行った時のその洗い上がりは、お湯と一緒にコリが流れていったような爽快感が味わえました。その気持ち良さが日常に取り入れる後押しになった気がします。オイルを使った頭皮クレンジングはただマッサージを行うだけでなく、皮脂汚れを浮かせて効率よく洗うことが同時にできるため、個人的にはとても気に入っています。

 

 

「脂汚れは油で落とす」、まさにそのものが体験できます。こういった作業を日課にしてから半月ほど経った頃、シャンプー時の抜け毛やドライヤーを当てた時の抜け毛が少なくなっていることに気づきました。その頃にはマッサージも楽にできるようになっていて、頭皮がイメージした通りの柔らかさまで順調に進んでいると思います。これから効果のほどがさらに期待できるようになりました。楽しんで行うのがアンチエイジングを続けるコツだと思います。即効性はなくても、地道に行うことで確実な効果を得られていますので、おススメの方法です。