トレーニングは有酸素運動の後に無酸素運動すると効率が良い

トレーニングは有酸素運動の後に無酸素運動すると効率が良い

健康のため、体力向上のため、運動、トレーニングする人は多いと思います。そこで今回は、効率の良いトレーニング方法を説明したいと思います。まず始めに、トレーニングは有酸素運動の後に無酸素運動をするという事はご存知ですか?つまりランニングや自転車を行ってから無酸素運動である筋力トレーニングを行った方が良いということです。

 

そして継続的なトレーニングを行わなければならないのです。しっかりと休養をとり疲れを溜めないということもトレーニングの一環です。そして、効率の良いトレーニング方法の一例を紹介します。ランニング20分、筋力トレーニング30分、水泳15分です。何よりもこの順番で行うということが重要です。

 

有酸素運動であるランニングを行うことで体がほぐれますし血行が良くなりその後に行う筋力トレーニングの効果は絶大です。次に筋力トレーニングを行うことで体が強くなり怪我のしにくい体になります。最後の水泳ですがこちらは全身のアイシング効果もあります。消費、動かした筋肉を冷やす事で疲労が軽減されます。

 

つまり、ランニングがウォーミングアップ、水泳がクーリングダウンの働きも担ってるということです。このトレーニングの順番が逆になるともったいないトレーニングなってしまいます。そして、最も危険なのが水泳で体を冷やした後に筋力トレーニングしてしまう怪我してしまう危険性がとても高くなってしまいます。怪我をしてしまえば継続的な運動は不可能になってしまいます。

 

トレーニング順番にはとても気をつかわなければなりません。食事面も重要です。何を食べるのか。いつ食べるのかはとても重要です。特に運動後の30分以内に食事を摂取を心がけた方良いでしょう。失われた栄養、筋力がすぐに補給出来るからです。このように効率なトレーニング方法。そして、継続した運動を行えるように体のケア、時には体を休めることもトレーニングです。

 

 

運動、休養、栄養の3つを合わせてトレーニングと言える事がでしょう。