顔周りのアンチエイジングにはストレッチが有効

顔周りのアンチエイジングにはストレッチが有効

ある程度年齢を重ねれば、ほとんどの女性が意識するのが「アンチエイジング」。

 

素敵に歳を重ねたいとは思うものの、やはり年齢は周囲にできるだけ感じさせたくないというのが本音ですよね。私の友人には見た目年齢の若い女性が大変多く、いつも心地よい刺激を貰っています。やはり皆肌や顔周りのケアはかなり入念に行っている様子。年齢は手指に出るという説もよく耳にしますが、個人的には首のしわやほうれい線、そして顎のたるみなどといった顔周り中心に象徴的に現れるように感じます。

 

人の印象を決める大部分は顔や表情。常に他人の目に晒されている部分だからこそ、正しいケアを続けていきたいものです。以前とても美人の友人と二年ぶりくらいに会う機会があったのですが、たった二年しか経っていないのにかなり老け込んだ印象が強かったことに驚きました。美人には違いないのにどうしてだろうとよく友人を観察したところ、以前と比べて顎のたるみがかなり目立っていることに気付きました。

 

しかし尋ねてみると、体重は昔とそれほど変化がないとのこと。つまり体重は変わらなくても歳を重ねれれば重ねるほど昔あったハリが残念ながらたるみに変化し、全体的にぼんやりと締まりのない印象になるのだと気付きました。それからはアンチエイジング化粧品の使用は勿論ですが、表情筋をしっかり使うマッサージや簡単なストレッチを毎日お風呂の時に行うことを日課にしています。

 

湯船に浸かりながら顔を真上に向け、舌を思い切り天井に向かって突きだします。そのまま突きだした舌は左右に動かし、指で首筋を上から下へさするようにリンパマッサージ。それを五分ほど続ければ、舌のストレッチのおかげで顎周りがかなり疲れてきます。最後にほうれい線部分を揉むようにマッサージして終了。最初こそほとんど変化はなかったものの、一ヶ月もすればたるんでいた顎周りがすっきりし、全体が引き締まった印象に。写真映りも以前と明らかに変わり、笑顔に自信を持てているのが実感できます。今後もアンチエイジングには常に気を配り、周囲に刺激を貰いながら地道に頑張っていきたいですね。