黒ゴマには老化防止作用がある事を知っていますか?

黒ゴマには老化防止作用がある事を知っていますか?

黒ゴマには老化防止作用がある事を知っていますか?いつまでも若くいたい、というのは女性共通の願いですよね。ここでは黒ゴマのアンチエイジング効果について解説します。

 

ゴマリグナン

 

ゴマリグナンとは耳慣れない言葉かもしれません。ゴマリグナンとは何かというと有名なセサミンやその他のセサモリン、セサモールなどを総称した呼び名の事です。この中で最も強い抗酸化作用があるのがセサミンです。酸化とはそもそも何でしょうか。それは体内の酵素が姿を変えて有害な活性酸素に変わる事です。この活性酸素の厄介なのは体の細胞を傷つけて機能しない細胞を増やしてしまう点です。

 

そのため皮膚や体内でもいろいろと老化現象が起こる事になります。この活性酸素を取り除いてくれるのが抗酸化物質です。抗酸化物質にも種類がありますが、食べ物から摂取されると即座に活性酸素たちを除去し始めます。ただ、活性酸素の多くは肝臓で発生していきます。肝臓まで届いて戦ってくれる抗酸化物質は少なくなります。その点、黒ゴマは肝臓まで届いて初めて抗酸化物質になりますから、黒ゴマを摂取しておくと非常に効率よく活性酸素を取り除く事ができるのです。

 

アントシアニン

 

ゴマには種類があり黒ゴマや白ごまもあります。実は黒ゴマにしかない色素にも抗酸化作用があります。その色素がアントシアニンです。これには強い抗酸化作用がある事で知られています。

 

ビタミンEの効果を2倍にする

 

ゴマの働きにはビタミンEと摂取する事でビタミンEの効果を2倍にする働きがあります。このビタミンEも強力な抗酸化効果がありますからゴマと一緒に摂取する事をお勧めします。

 

セレン

 

黒ゴマは他にも抗酸化物質を持っています。それはセレンです。耳にした事が無い人も多いのではないでしょうか。活性酸素を無毒化する役割があります。また、体に溜める水銀やカドミ二ウムなどの有害物質の毒を消す作用もあります。これらの事からもゴマには抗酸化作用がある事が分かります。いつまでも若くいたい、と思うなら黒ゴマの効果を実感してみてはいかがでしょうか?