カロリーだけではなくGI値を気にすることで痩せやすく健康な体に

カロリーだけではなくGI値を気にすることで痩せやすく健康な体に

あまり聞いたことない言葉かもしれませんが、GI値って知ってますか?

 

GI値(グリセック指数)とは、ご飯やパンに多く含まれている炭水化物が体の中で分解されて糖に変わるまでのスピードを指数化したものです。(食品100gの時、ブドウ糖を100とした時の上昇率)一般的には、GI地の数値が低いものは血糖値の上昇を抑制する効果が期待されていて、反対にGI値の高い食品は血糖値を上げやすいです。

 

私たちはお金を多く持っている時に預金し、少ない時に引き出します。 体も同じように血液中の糖分が多い時に糖分を脂肪として蓄え、少ない時に脂肪を燃焼させエネルギーに変えます。 なので、血糖値を低く保っていたほう同じ生活リズムで脂肪を燃焼しやすい体になるのです。 食べるものを少し変えるだけでもGI値は抑えられます。

 

例えば朝食を食パンから白米に、白米から玄米に変えたほうが、GI値は下がります。 数値で言いますと、食パンが91、白米が81、玄米が55となっていります。 食パンはそのまま食べることはあまりなく、ジャムやバターなどを塗ってしまいますので砂糖以上に血糖値を上げてしまうそうです。

 

朝ごはんだけでもパン食からご飯食に変えるだけでも血糖値の上昇を抑えてくれると思います。

 

でも、食事は主食だけではないので副食の方にも気を付けないといけませんよね。 食物繊維には血糖値を上げにくくする役割があります。

 

食物繊維が多い食材はきのこ類と海藻類です。 例えばしいたけは28、わかめは16です。 あとタンパク質は低GIの食品が多いです。

 

納豆は33、豆腐は42、たまごが30、豚肉は45、アジの干物は45です。 これ様に例の食品を見てみると低GIの食品は日本食を代表する食品だと思います。

 

朝食にご飯に納豆、豆腐の味噌汁アジの干物、旅館の定番、THE日本の朝食って感じです。 欧米風の朝食ではなく、昔ながらの和食の朝食にシフトチェンジするだけでも痩せやすく健康な体になると思います。 ダイエットにはバランスの良い食事が一番なので、これからはカロリーだけではなくGI値を気にした食事をするのもいいんじゃないですか?

 

バランス良く栄養分を摂取しようと思ったら、サプリメントに頼るのも一つの手です。私が愛用しているすっぽん小町は身体を痩せやすくして、美肌状態もつくってくれるのでおすすめです。
すっぽん小町